葬式の時の受付係の役割を知ろう

葬式の受付係を頼まれた時に慌てずにすむように、どのような仕事をするのか理解しておきましょう。
早めに会場に行って式の進行について流れを把握し、会場にトイレなどがどこにあるか確認して弔問客に尋ねられた時に対応できるようにしておきます。
香典を預かり芳名帳に記入してもらうことが主な仕事なので、式の30分前までには香典受けや芳名帳など受付に必要なものを準備しておきます。
また何人か受付係がいる時には役割分担をしておけば作業がスムーズです。
供花や弔電が届いたら葬儀社の担当者や進行係に連絡しましょう。
弔問客を迎える際に香典を預かったら、住所とフルネームを記入してもらい、返礼品を渡して式場へ案内します。
芳名帳に番号が書いてある時は、預かった香典袋にも同じ番号を記入しておきます。
場合によっては受付係が会計係を兼ねることがあるので、芳名帳に記入漏れがないかや金額の確認をして香典の整理を行います。
金銭を扱いますので紛失や盗難がないよう十分な配慮が必要です。