キリスト式のお葬式の際はお悔やみの言葉は不要

一般的に日本におけるお葬式の形式として、仏教が多い事で仏式になります。
基本的なマナーとして葬式に参列した場合、親族に対してお悔やみの言葉を伝える事になります。
その際は手短な言葉にまとめて伝えるようにし、けして長話しなどをしないように配慮するようにします。
このお悔やみの言葉ですがお葬式ではマナーとして大切ですが、あくまでも仏式の葬式に限られた事になります。
日本において信仰している宗教は様々あり、なかにはキリスト式のお葬式に参列する機会も出ています。
その際に注意が必要な点として、キリスト式の葬式でお悔やみの言葉を伝えることはマナー違反になるとう点です。
キリスト教では故人に対して天に召されるというとらえ方になるため、お悔やみという考え方とは異なってきます。
そのためキリスト式の葬式に参列した場合は、お悔やみ申し上げますといった言葉ではなく安らかな眠りをお祈り申し上げますといった言葉を伝えることになります。