葬式の際の通夜ぶるまいのマナーについて

日本において信仰されているのが仏教が多い為、一般的な葬式に参列した場合には仏式が多くなります。
そのため仏式の葬式に参列する際のマナーをしっかり考慮したうえで、故人との最後のお別れをすることが重要になります。
宗派によっても多少の違いはありますが、一般的な葬式に参列した場合に通夜ぶるまいが行われることが一般的です。
この通夜ぶるまいには生前お世話になった故人に対して供養をする意味合いが含まれています。
そのため親族から通夜ぶるまいへの参加を促されることも多くあります。
たとえその後の予定があった場合でも、通夜ぶるまいへの参加を促された場合には断ること自体がマナー違反になります。
参加する時間が例え短くなってしまっても、箸をつける程度でも参加することが重要になります。
ただし通夜ぶるまいに参加した場合でも、弔問の時と同じように長居をするのはマナー違反です。
ある程度供養を込めて参加したあとは、早々に引き揚げるようにします。